ヤマトマテリアル

SYSTEM全自動生産ライン

資材をセットして起動させると一連の作業を自動で行います。

  • 3連ピストン式充填ライン

    特徴
    • 容器をコンベアへ供給すると、充填・キャッピング
    • 充填はサーボピストンによる容量式充填
    処理能力 200ml(水)20本/分
  • 充填ライン(追従式)

    特徴
    • 独自の機構によりスクリュー等を使用せず容器を定ピッチに切出す事が可能
    • 充填はサーボモーターを使用した追従式充填
    処理能力 40~50本/分(WBSR-4 充填物による)
  • 充填ライン(充填&キャッパー)

    特徴
    • 特殊ホールドフィンガーによりボトルの胴部をホールドするため、兼用範囲内での型替えを不要としたシステムを採用
  • ロータリーリンサー(マルチグリップタイプ)

    特徴
    • 2段式同率開閉フィンガーにより、ボトルの口部および首部をホールド
    • センターずれを防ぎ、兼用範囲内での方替を不要とした、汎用性の高いロータリーリンサー
  • ボトルクーラー

    特徴
    • 独自に開発した散水ノズルを使用し、製品を均一な温度で冷却
    • 自動温度制御装置により最小の水量で最大の効果をあげるよう設計
    処理能力 1000本/時間(1.8L)
  • 給袋自動包装機械

    特徴
    • 供給部に袋をセットすると自動で充填、シール、排出
    • 四方袋、スタンドパウチ、チャック付袋と様々な袋に対応
    処理能力 15~60袋(充填物による)
  • シュリンクラベラートンネル

    特徴
    • 容器を投入すると自動でシュリンクラベルを装着
    • スチーム式なので様々な容器に対応、綺麗な仕上がり
    処理能力 20本~30本/分
  • 全自動ラベラー

    特徴
    • 枚葉タイプのラベルをストック部にセットしラベルを張る機械
    • 型替も容易で多品種に対応が可能
    処理能力 容器300ml~500ml、50本~100本/分
ヤマトマテリアル
LINE UP
商品ラインアップ
VIEW MORE